ユーロでも活躍必至⁉今季ブレイクしたヤングスターを徹底解説

新型コロナウイルスの影響もありましたが、今季の欧州のリーグも無事閉幕しました。

そこでここでは、欧州リーグで今季ブレイクし、ユーロ2020でも活躍が期待されるヤングスターをピックアップしていきます。

サンドロ・トナーリ(ブレシア)

『サンドロ・トナーリ』は、ピルロの後継者と目されているイタリアの有望株です。

昨季はセリエBで34試合に出場、3ゴール7アシストを記録。

昇格した今季は、1ゴール7アシストを記録し、自身にとって初めてのセリエAの舞台でも十分に実力が通用することを証明しました。

そんなトナーリを欧州の強豪クラブが見逃すわけなく、インテルやミランが30億円以上の移籍金を準備し、獲得を狙っていると報道されています。

アーリン・ホーラン(ドルトムント)

今季、最もブレイクしたアタッカーといっても過言ではない、190cm越えの体格を持ちながら、瞬発力も兼ね備える怪物ストライカーが『アーリン・ホーラン』です。

2018年に移籍したザルツブルクでは、国内リーグやチャンピオンズ・リーグでも得点を量産、多くのクラブからの注目を集めましたが、最終的にブンデス・リーガのドルトムントに移籍し、いきなりハットトリックをたたき出すなど大いに躍動しました。

ホーランは圧倒的な決定力を持ち、またドリブルも得意であるため個人で突破することもできます。

間違いなく、ユーロ2020での注目株となるでしょう。

フェラン・トーレス(バレンシア)

ユース世代の国際大会で結果を残し、今季もリーガ・エスパニョーラとチャンピオンズ・リーグという大舞台でその存在感を発揮、チャンピオンズ・リーグではチームのグループステージ一位通過に多大な貢献をしました。

バレンシアと同じリーグに所属するレアル・マドリードもトーレスの引き抜きを画策しましたが、バレンシア生まれ、バレンシア育ち、バレンシアのユースで成長を遂げプロとなったのトーレスは、最終的にバレンシア残留を決断。

その甲斐もあり、今季は十分なプレータイムも与えられ、多くの経験を積み成長を続けてきました。

また、トーレスは2017年にスペイン代表U-17をリードし、既にこのチームでユーロの優勝を果たしていますが、ユーロ2020でもスペインのトップチームを優勝へ導くために意気込んでいるはずです。

実際に、スペイン代表監督であるルイス・エンリケも、トーレスをユーロ2020年の選抜メンバーに選びたかった様子。

この新進気鋭の、切れ味抜群のサイド・ミッドフィルダーがユーロ2020でどのようなプレーをするのか要チェックです。

 

ユーロ2020の優勝候補の筆頭に挙げられる各国の注目選手をピックアップ‼

先日、一年後に延期されることが発表されたユーロ2020

注目度はワールドカップにも劣らない本大会の開催を、今から楽しみにしているサッカーファンも多いはずです。

そこでこの記事では、ユーロ2020の優勝候補の筆頭に挙げられる各国の注目選手をピックアップしていきます。

ケビン・デ・ブライネ(ベルギー)

予選を10戦全勝で勝ち上がったベルギーは、他国を寄せ付けない強さを見せてきました。

そんなベルギーの攻撃面でタクトを振るうのは、ケビン・デ・ブライネ。

アシスト能力だけでなく、自身でも優れた得点能力を持っているデ・ブライネは、高精度のフィニッシュと味方へのスルーパスで常にチームオフェンスを牽引、相手の脅威となり続けます。

日本のサッカーファンとしても、2018年のロシアW杯において、アディショナルタイムに彼が起点となる高速カウンターで敗れたことは苦い記憶として存在しているはず。

そんなワールドクラスのMFが、ユーロ2020でどのような活躍をするか要注目です。

ファン・ダイク(オランダ)

オランダはユーロにトータルで10回出場していますが、前回大会ではまさかの予選敗退という憂き目を見ています。

そのリベンジを果たすために近年では世代交代を進め、着実にチーム力を向上させてきました。

そんなオランダの要となっているのが、世界最高CBともいわれるファン・ダイク。

DF史上最高額となる110億円でリバプールに加入した当時は、「金額に合わない」と批判の的にされたこともありましたが、自身が活躍することで、そんな批判を打ち消してきました。

ファン・ダイクは強靭なフィジカルを持ち、対人守備や空中戦で圧倒的な強さを誇っています。

尚且つ、ビルドアップ時では攻撃の起点になることも可能です。

オランダが名声を取り戻すためには、ファン・ダイクの活躍が必要不可欠でしょう。

ハリー・ケイン(イングランド)

イングランドは進境著しい若手選手が加わり、チーム力の底上げに成功している優勝候補筆頭国です。

そんな若手をオフェンス面で引っ張るのが、高い得点能力の資質を持つ万能型のフォワードハリー・ケインです。

ケインは、1月には国内リーグ戦で左ハムストリングを断裂し長期離脱を余儀なくされましたが、その後は順調なリハビリを続け、現在ではリーグにも復帰し、得点するなど好調をアピールしています。

また、ユーロ2020が延期となったことも、大きなけがから復帰したばかりのケインにとってプラスに働きそうです。

 

いまさら聞けない⁉『UEFA欧州選手権(EURO)』とは?

ユーロ2020は、残念ながら1年の延期が決定されましたが、そもそもユーロがどのような大会なのか知らない方もいらっしゃるでしょう。

4年に一度しか開催されないユーロは、ワールドカップに劣らない人気を持つ、実に重要な大会なのです。

ここでは、そんな『UEFA欧州選手権(EURO)』についての情報を徹底解説していきます。

『UEFA欧州選手権(EURO)』とは?

『UEFA欧州選手権(EURO)』とは、欧州サッカー連盟(UEFA)が主催する、ナショナルチームによるサッカーの大陸選手権大会です。

4年に1度、FIFAワールドカップの中間年に開催され、欧州のチャンピオン国を決める本大会は知名度の高い選手が集まることから、サッカー界でW杯に次ぐトーナメントとして多大な人気を博しています。

過去にはノーマークチームが優勝する波乱の展開もあり

ユーロの最多優勝回数は、「ドイツ」と「スペイン」の3回となっています。

しかし、まず6つのグループリーグに分かれて戦う本大会は、強豪国同士が同グループに集まってしまう、いわゆる「死のグループ」がどうしても発生してしまうため、実力があるチームが早々に敗退してしまうケースも珍しくありません。

また、近年では2004年大会のギリシャのように、全くノーマークだったチームが優勝したこともあります。

ちなみに、ユーロ2004が開催されていた時点でのギリシャのブックメーカーの優勝オッズは「100倍」と大穴であり、正にジャイアントキリングが達成された瞬間でした。

ユーロ2020のグループステージ組み合わせは?

既に1年の延期が決定しているユーロ2020ですが、実は24チーム中20チームは本大会出場を決めており、(残りチームはプレーオフにて決定)グループステージ組み合わせも以下のように確定しています。

■グループA

・トルコ(2大会連続5回目)

・イタリア(7大会連続10回目)

・ウェールズ(2大会連続2回目)

・スイス(2大会連続5回目)

■グループB

・デンマーク(2大会ぶり9回目)

・フィンランド(初出場)

・ベルギー(2大会連続6回目)

・ロシア(5大会連続12回目)

■グループC

・オランダ(2大会ぶり10回目)

・ウクライナ(3大会連続3回目)

・オーストリア(2大会連続3回目)

・プレーオフDの勝者

■グループD

・イングランド(3大会連続10回目)

・クロアチア(5大会連続6回目)

・プレーオフCの勝者

・チェコ(7大会連続10回目)

■グループE

・スペイン(7大会連続11回目)

・スウェーデン(6大会連続7回目)

・ポーランド(4大会連続4回目)

・プレーオフBの勝者

■グループF

・プレーオフAの勝者

・ポルトガル(7大会連続8回目)

・フランス(8大会連続10回目)

・ドイツ(13大会連続13回目)

特筆すべきは、強豪国ドイツや前回大会準優勝のフランス、そして前回の王者ポルトガルが同組となった「死のグループ」、グループFです。

実力や実績がトップクラスの3国が集結しているため、プレーオフチームもこのグループへの割り振りだけは避けたいところでしょう。

しかし、ハイレベルな激戦は必須であるため、ファン心理としましては楽しみで仕方ありません。

ユーロ2020が開催されるまで約一年‼

まずは新型コロナウイルス等での再延期、ひいては中止にならないことを願いたいところです。

1年後のユーロ2020の優勝国を徹底予想

残念ながら、新型コロナウイルスの影響で来年に延期されてしまったユーロですが、各国でリーグが再開されているように、このままいけば滞りなく来年にはしっかりと開催されるでしょう。

そこでここでは、1年後のユーロ2020(名称継続)の優勝国を、ブックメーカーのオッズなどを参考に徹底予想していきます。

ブックメーカーの優勝オッズ

「ブックメーカー」とは、サッカーを含む多くのスポーツに対するベットを受け付け、オッズや勝敗等に応じて配当を払い戻すサービスです。

ギャンブルをご法度としている日本ではあまり馴染みがないかもしれませんが、外国では、スポーツブックはもはや一つの文化として成り立っています。

そんなブックメーカーでは、既にユーロ2020のベットを受け付けており、優勝国予想オッズも提示されています。

ブックメーカー(10BETJAPAN)のユーロ2021の優勝オッズ(2020年6月15日時点)は以下の通りです。

1位:イングランド:5.5倍

2位:ベルギー:6.0倍

3位:フランス:6.5倍

4位:ドイツ:8.0倍

5位:オランダ:8.0倍

若手選手が多いイングランド代表が優勢か?

ブックメーカーの優勝国予想オッズは、5.5倍で「イングランド」が1番人気となっています。

なぜイングランドが一番人気なのか、それはイングランド代表の世代が大きく関係しています。

実は、11月に行われたユーロ2020予選の平均年齢で見てみると、前回覇者のポルトガルは28歳58日、スペインは28歳39日、フランスは27歳331日、ベルギーは27歳21日、ドイツ、オランダ、イタリアもそれぞれ26歳台となっているのですが、そんな中、同月に行われたイングランドのコソボ戦のスタメンの平均年齢は24歳71日と、上記の5位までの優勝オッズチームの中では唯一の20代前半と、非常に有望な若手が多く揃っているのです。

また、ユーロ2020の開催が1年遅れ、「カラム・ハドソン・オドイ」や「ジェイドン・サンチョ」「マーカス・ラッシュフォード」といったヤングタレントがあと1年でさらに経験を積めることも、イングランド優勝のための追い風となります。

勿論、理由はそれだけではないですが、豊富な若いタレントが揃っているという点が加味されているのは間違いないでしょう。

対抗馬はベルギー、フランス

イングランドだけでなく、予選を10戦全勝で突破したベルギーや、ロシアワールドカップで優勝を果たしたフランスも魅力的です。

どちらのチームも「アザール、ルカク、デ・ブライネ」「ジルー、グリエーズマン、エムバペ」と、最高クラスのオフェンス力を誇っています。

勿論、中盤以下のポジションも、メガクラブ等で活躍しているようなタレント揃いです。

正直、イングランドとベルギー、フランスは実力も拮抗しており、団子状態であると言えるでしょう。

ただし、若手の質ではイングランドが一歩リードと考えられるため、ここではイングランドが優勝と予想します。

いずれにしても、開催まであと一年。

本番までに、各出場国がどのような対策を取っていくのか要注目ですね!

 

EUROに出場する注目のヤングスターをピックアップ‼

EURO2020の延期が決まってしまい、残念に思っている方も多いはずです。しかし、中止という最悪の結果が避けれただけよかったといえるかもしれません。

ここでは、そんな来年開催予定のEURO2020に出場するであろうヤングスターたちをピックアップしていくため、本番をより楽しんで観戦するための参考としてください。

ジョアン・フェリックス(ポルトガル代表)

『ジョアン・フェリックス』は、クリスティアーノ・ロナウドの後継者との呼び名も高いポルトガル代表の若手アタッカーです。

2018-19シーズン、ベンフィカで公式戦「43試合、20得点、11アシスト」という数字を残し、またELでの史上最年少記録(19歳152日)も達成したジョアン・フェリックスは、1億2700万ユーロ(約146億円)という巨額の移籍金でアトレティコ・マドリードへ移籍したことでも大きな話題を呼びました。

圧倒スキルを見せる同選手は、来年のEUROで最も注目したい選手の一人です。

ジェインドン・サンチョ(イングランド代表)

イングランドからドイツへと渡って大ブレイクを果たした『ジェインドン・サンチョ』は、代表としても、「ベッカム以来の国外組」として大きな注目を集めた選手です。

鋭いドリブルを最大の持ち味としており、そのドリブルスキルが評され「英国のネイマール」とも呼ばれています。

個人でもDFを打開し、得点もアシストも量産できるサンチョが、EURO2020でどのような活躍をするか楽しみです。

サンドロ・トナーリ(イタリア代表)

『サンドロ・トナーリ』はセリエBでプレーする18歳という立場にありながら、代表に選出されたイタリアの大きな期待を背負うヤングスターです。

素晴らしいプレイメイキング能力を持っているため、イタリア国内では「NEXTピルロ」ともいわれています。

また、10代ながら既に多くのビッククラブ彼をリストアップしており、つい先日、あのバルセロナが移籍金6000万ユーロ(約69億円)でのオファーをブレシアに出したとの報道もありました。

アーリン・ホーラン(ノルウェー代表)

U-20ワールドカップのホンジュラス戦でトリプルハットトリックを決めた、「1試合9点男」としても話題を呼んだアーリン・ホーランは、父アルフ=インゲ・ホーランもノルウェー代表歴がある、まさにサッカー界のサラブレットです。

すでに190cm以上の規格外の体格を持ち、さらにはヘディングや電柱役だけでなく、自ら推進力を生かしてドリブルを繰り出すこともできる同選手は、EURO2020で得点王も狙える逸材です。