ユーロ2020の出場国が決定!初出場国やグループ分けなどを徹底解説

ワールドカップにも匹敵するサッカーの大会、『ユーロ2020』の出場国がついに決定しました!

初出場国はあるのか、またどのようなグループ分けになっているのか、ここではユーロ2020の最新ニュースをピックアップしていきます。

ユーロ2020の出場国

先日ユーロの出場枠をかけたプレーオフが終了し、その結果、ユーロ2020の出場国は以下の24国に決定しました。

また、既にグループ分けも確定しているため、ここでは各グループごとにチームをご紹介していきます。

グループA:トルコ、イタリア、ウェールズ、スイス

グループB:デンマーク、フィンランド、ベルギー、ロシア

グループC:オランダ、ウクライナ、オーストリア、北マケドニア

グループD:イングランド、クロアチア、スコットランド、チェコ

グループE:スペイン、スウェーデン、ポーランド、スロバキア

グループF:ハンガリー、ポルトガル、フランス、ドイツ

ちなみに、今回ユーロ初出場となるのはフィンランドと、2019年に国名を変更した北マケドニアの2か国となっています。

死のグループを徹底予想!

ワールドカップもそうですが、大きい国際大会ではどうしても強豪同士が同じグループに入ってしまう、いわゆる「死のグループ」が存在します。

観戦する側からすれば、強豪同士の対戦は大変見ごたえがありますが、そのグループに割り振られた国はたまったものではありません。

ここでは、そんな死のグループを予想していきます!

グループF(開催地:ミュンヘン(ドイツ)、ブダペスト(ハンガリー))

グループFには、前回ユーロ2018を優勝したポルトガル代表や、ロシア・ワールドカップを制したフランス代表、過去3度ユーロを優勝しているドイツ代表、そして2大会連続で出場を果たしているハンガリー代表が振り分けられています。

実績ではどうしてもハンガリー代表が劣ってしまうため、勝ち抜けるためには予選以上の飛躍が必要となります。

また、ハンガリー代表以外の3か国も簡単にグループは突破できないため、指揮官の手腕も試されることでしょう。

グループD(開催地:ロンドン(イングランド)、グラスゴー(スコットランド))

グループDも、強豪がひしめくグループ分けとなりました。

イングランド代表は今大会最有力といわれている、世界のヤングタレントが揃っているチームであり、クロアチアやチェコもベスト8や優勝を飾るなど、これまでのユーロで確かな実績を残しています。

少し見劣りするスコットランドも、前回大会ではグループステージで敗退しているため、巻き返しを図りたいところでしょう。

4年に一度のサッカーの祭典であるユーロ2020はすぐそこまで迫っています!

サッカーファンとして、熱い戦いに期待したいところですね!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です