ユーロ2020の出場国が決定!初出場国やグループ分けなどを徹底解説

ワールドカップにも匹敵するサッカーの大会、『ユーロ2020』の出場国がついに決定しました!

初出場国はあるのか、またどのようなグループ分けになっているのか、ここではユーロ2020の最新ニュースをピックアップしていきます。

ユーロ2020の出場国

先日ユーロの出場枠をかけたプレーオフが終了し、その結果、ユーロ2020の出場国は以下の24国に決定しました。

また、既にグループ分けも確定しているため、ここでは各グループごとにチームをご紹介していきます。

グループA:トルコ、イタリア、ウェールズ、スイス

グループB:デンマーク、フィンランド、ベルギー、ロシア

グループC:オランダ、ウクライナ、オーストリア、北マケドニア

グループD:イングランド、クロアチア、スコットランド、チェコ

グループE:スペイン、スウェーデン、ポーランド、スロバキア

グループF:ハンガリー、ポルトガル、フランス、ドイツ

ちなみに、今回ユーロ初出場となるのはフィンランドと、2019年に国名を変更した北マケドニアの2か国となっています。

死のグループを徹底予想!

ワールドカップもそうですが、大きい国際大会ではどうしても強豪同士が同じグループに入ってしまう、いわゆる「死のグループ」が存在します。

観戦する側からすれば、強豪同士の対戦は大変見ごたえがありますが、そのグループに割り振られた国はたまったものではありません。

ここでは、そんな死のグループを予想していきます!

グループF(開催地:ミュンヘン(ドイツ)、ブダペスト(ハンガリー))

グループFには、前回ユーロ2018を優勝したポルトガル代表や、ロシア・ワールドカップを制したフランス代表、過去3度ユーロを優勝しているドイツ代表、そして2大会連続で出場を果たしているハンガリー代表が振り分けられています。

実績ではどうしてもハンガリー代表が劣ってしまうため、勝ち抜けるためには予選以上の飛躍が必要となります。

また、ハンガリー代表以外の3か国も簡単にグループは突破できないため、指揮官の手腕も試されることでしょう。

グループD(開催地:ロンドン(イングランド)、グラスゴー(スコットランド))

グループDも、強豪がひしめくグループ分けとなりました。

イングランド代表は今大会最有力といわれている、世界のヤングタレントが揃っているチームであり、クロアチアやチェコもベスト8や優勝を飾るなど、これまでのユーロで確かな実績を残しています。

少し見劣りするスコットランドも、前回大会ではグループステージで敗退しているため、巻き返しを図りたいところでしょう。

4年に一度のサッカーの祭典であるユーロ2020はすぐそこまで迫っています!

サッカーファンとして、熱い戦いに期待したいところですね!

 

 

 

イブラヒモビッチがいるスウェーデン代表といない代表ではどちらが強いのか?

前回のEURO2016に続き、EURO2020の出場も決まっているスウェーデン代表

EURO2016までのスウェーデン代表とその後の代表で最も違うのは、ズラタン・イブラヒモビッチがいるか、いないかという点でしょう。

果たしてどちらのスウェーデン代表のほうが強いのか、ここではその理由についてピックアップしていきます。

ワールドクラスの攻撃力でスウェーデン代表を引っ張り続けたイブラヒモビッチ

EURO2016で引退するまで、代表チームを引っ張り続けてきたズラタン・イブラヒモビッチ。

スウェーデン代表の総得点数でも、2位のスヴェン・リデル(総得点数49点)を大きく離す62得点を決め、トップに君臨しています。

イブラヒモビッチは、2001年に代表デビューするとその後は2016年まで代表でプレー。

代表の引退、追放など紆余曲折もありましたが、スウェーデン代表ではワールドカップのベスト16なども経験しています。

また、「スウェーデン代表と聞いて思いうかべるサッカー選手は?」という問いには、多くのサッカーファンが「イブラヒモビッチ」と答えるでしょう。

実際に、彼自身も多くのゴールを決め、年間最優秀ゴールを決めるFIFAプスカシュ賞などの個人の賞も獲得してきました。

しかし、ワールドネームクラスのイブラヒモビッチが在籍した当時のチームが最強だったかというと、意外にもそうでもないようです。

元チームメイトが語るイブラヒモビッチの存在

スウェーデンのラジオ『サマー』に、スウェーデン代表MFアルビン・エクダルが出演した際には、彼はこう語っています。

「彼の身振り手振りや厳しい言葉は一部の選手の自信を低下させていた」

「僕らのチームは世界的スターと10人のまともな選手で構成されていた。戦術はうまくいかなかったね。ズラタンが可能な限りボールを持つべきだということに誰もが同意していた。しかし、一人の選手に頼ることで、無意識のうちに自分の責任から遠ざかってしまうことは、サッカーでも他のチームスポーツでも通用しない。その後、僕は思った。代表チームの多くがズラタンの要求に対応できなかったのかもしれない」

チームとしても、そして個人でもイブラヒモビッチという絶対的な存在にボールを集めすぎてしまい、またそれに固執しすぎてしまったため、イブラヒモビッチ以外の選手が自分の責任を忘れ、チームプレーがおろそかになってしまったのでした。

また、イブラヒモビッチが代表を引退した際には、スウェーデン代表の弱体化が懸念されましたが、むしろ選手は活性化され、ロシア・ワールドカップでは見事ベスト8まで進出しています。

当時の思いとしてエクダルは「調和と自信に満ちた、素晴らしいギャングたちだった」と語っています。

イブラヒモビッチが在籍した、当時とは異なる脅威を見せる現在のスウェーデン代表は、EURO2020での躍進も期待できそうです。