ベイルはなぜここまで孤立してしまっているのか?理由を徹底解説

これまで、クラブでは勿論ウェールズ代表としても素晴らしい功績を収めてきた『ガレス・ベイル』。

では、そんな彼がなぜここまで、レアル・マドリードで孤立してしまっているのか?

この記事では、その理由についてピックアップしていきます。

これまでの経歴

ベイルは、2005年7月にサウサンプトンと契約し、2006年4月のミルウォール戦には先発出場、実に16歳275日でプロデビューを果たしました。

その後、翌年の2007年にはトッテナム・ホットスパーへ移籍し、以降トッテナムを退団するまでにPFA年間最優秀選手賞、PFA年間最優秀若手選手賞、FWA年間最優秀選手賞など、様々な個人タイトルを獲得することに成功しています。

また、トッテナムでのキャリアでは常に移籍の噂が絶えなかったベイルですが、2013年9月にはついにレアル・マドリードへの移籍が正式発表され、キャリアのステップアップを果たしました。

ちなみに、レアルへの移籍金は、当時の史上最高額となる「7817万1930ポンド(約116億3191万円)」であったといわれています。

レアル・マドリードで徐々に孤立化していったベイル

レアル・マドリードに移籍したベイルは、国内リーグやチャンピオンズ・リーグにて重要な局面で得点するなど、一定の活躍は見られました。

しかし、チームメイトとのコミュニケーション不足や頻繁な怪我、自己中心的なプレーや守備への献身性の少なさなどというような問題点も多く指摘され、最終的にはマドリーのスターティングラインナップという特権的ポジションを失ってしまいました。

また、大事な一戦でベンチから得点をすることもありましたが、監督の信頼を得るまでには至らず、現指揮官のジダン監督からも「(退団が)明日になるようならその方がいい」と、はっきりと構想外であることを伝えられています。

ただし、ベイルの契約自体は2022年6月まで残っており、本人も契約を満了することを公言しているため、ベイルの冷遇はまだまだ続くことが予想されています。

代表でのベイルの功績

レアルでは冷遇の憂き目にあっているベイルですが、ウェールズ代表にはしっかりと招集され、近日では2020ユーロ予選突破に貢献するなど、代表監督であるギグスからの信頼も勝ち取ることに成功しています。

また、ウェールズ代表の一員として2大会連続のEURO本大会出場を決めた際には、ウェールズ国旗を掲げて「ウェールズ。ゴルフ。マドリー。その順番で」とメッセージを記すなど、もはや本人も割り切っている様子です。

素晴らしい才能を持った選手であることは疑う余地もないため、代表以外でもベイルの状況が好転することを願いたいところです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です