フェリックス

ヨーロッパ10代選手ベストイレブンが話題!

ロナウド2世ら選出!

フェリックス現地時間22日、『Transfermarkt』はーロッパサッカーにおける、最も市場価値の高いティーンエイジのベストイレブンを発表した。

ベストイレブンには、ラ・リーガ・サンタンデールからは4選手、そしてユヴェントスから2選手選出されている。

まず、ラ・リーガ・サンタンデールからは、久保建英のチームメイトでもあるヴィニシウス・ジュニオール (レアル・マドリー)、

今夏ベンフィカから移籍した「クリスティアーノ・ロナウド2世」ジョアン・フェリックス (アトレティコ・マドリー)、フアン・ミランダ (バルセロナ)、ペドロ・ポロ (ジローナ)が選ばれた。

ユベントスからは、今夏アヤックスから移籍したマタイス・デ・リフト (ユヴェントス)、既に主力のモイゼ・ケアン (ユヴェントス)の2名が名を連ねている。

ちなみに、ベストイレブンの中で最も市場価格が高いのは、ボルシア・ドルトムントのジェイドン・サンチョで1億ユーロ(約121億円)となった。

1年後の発表時には、レアル・マドリード・カスティージャの久保建英が名を連ねていることを期待したい。

そんな『Transfermarkt』が選出したヨーロッパサッカーにおける、最も市場価値の高いティーンエイジのベストイレブンは以下の通り!

▽GK
ラドスワフ・マイェツキ (レギア・ワルシャワ)
▽DF
ペドロ・ポロ (ジローナ)
マタイス・デ・リフト (ユヴェントス)
エヴァン・ヌディカ (アイントラハト・フランクフルト)
フアン・ミランダ (バルセロナ)
▽MF
フィル・フォーデン (マンチェスター・シティ)
サンドロ・トナーリ (ブレシア)
ジェイドン・サンチョ (ボルシア・ドルトムント)
▽FW
ジョアン・フェリックス (アトレティコ・マドリー)
ヴィニシウス・ジュニオール (レアル・マドリー)
モイゼ・ケアン (ユヴェントス)

投稿者:

yama

ヨーロッパサッカー大好きのYAMAです!とくに、4年に1度に開催されるナショナルチームのヨーロッパ選手権が大好きで、ワールドカップ以上に好きです。前回フランス大会のチャンピオンのポルトガルは、グループステージで1勝も挙げないままあれよあれよと勝ち上がり、そのまま王者までの仕上がった特異な大会でしたね!次回のヨーロッパ選手権2020は、果たしてどのチームが栄冠を手にするか?今から開幕が楽しみで仕方がない!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です