A代表への招集歴が無い選手の移籍金ランキングが話題に

「ネイマール2世」等が選出

近年、フットボーラーの移籍金が高騰しているが、ナショナルチームに選出されるビッグネームになると、100億円を越える移籍金が動くことも珍しくない時代だ。

さて、そんな中イギリスメディア「フォー・フォー・トゥー」は、これまでナショナルチームのA代表に選出された経歴が無い選手を対象に、移籍金が高額な選手をランキング形式で公表した。

そんなランキングには、かつてケルンで大迫勇也(ブレーメン)と2トップを組んだアントニー・モデスト(天津天海)をはじめ、ポルトからマンチェスター・ユナイテッドへ移籍したディオゴ・ダロトといったそうそうたる顔ぶれが並んだ。

その他、ネイマール二世との呼び声も高いヴィニシウス・ジュニオール(レアル・マドリード)や、同じくレアル・マドリードのカスティージャ出身であるロドリゴといった選手も名を連ねている。

今回「フォー・フォー・トゥー」が発表したA代表代表経験のない選手の高額移籍ランキングトップ10は以下のとおり!

移籍金1位に輝いたのはどの選手か…?

1位
アイメリク・ラポルテ(アスレティック・ビルバオ→マンチェスター・シティ)
5720万ポンド

2位
ロドリゴ(サントス→レアル・マドリード)
4000万ポンド

3位
ヴィニシウス・ジュニオール(フラメンゴ→レアル・マドリード)
3870万ポンド

4位
アレックス・テイシェイラ(シャフタール・ドネツク→江蘇蘇寧)
3850万ポンド

5位
マルコム(ボルドー→バルセロナ)
3650万ポンド

6位
アントニー・モデスト(ケルン→天津天海)
3130万ポンド

7位
アブドゥ・ディアロ(マインツ→ドルトムント)
2480万ポンド

8位
テオ・エルナンデス(アトレチコ・マドリード→レアル・マドリード)
2280万ポンド

9位
イッサ・ディオップ(トゥールーズ→ウェストハム)
ジェームズ・マディソン(ノリッジ・シティ→レスター)
2200万ポンド

10位
ギド・カリージョ(モナコ→サウサンプトン)
1910万ポンド

投稿者:

yama

ヨーロッパサッカー大好きのYAMAです!とくに、4年に1度に開催されるナショナルチームのヨーロッパ選手権が大好きで、ワールドカップ以上に好きです。前回フランス大会のチャンピオンのポルトガルは、グループステージで1勝も挙げないままあれよあれよと勝ち上がり、そのまま王者までの仕上がった特異な大会でしたね!次回のヨーロッパ選手権2020は、果たしてどのチームが栄冠を手にするか?今から開幕が楽しみで仕方がない!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です