クリスティアーノ・ロナウド

ロナウドが圧巻ハットトリック!大逆転でCL8強へ

改めて自身の価値を証明したロナウド

クリスティアーノ・ロナウド現地時間12日、UEFAヨーロッパリーグ決勝トーナメント一回戦セカンドレグが行われ、アリアンツ・スタジアムでユベントス対アトレティコ・マドリードのビッグマッチが開催された。

ファーストレグを0-2で落としているユベントスは、勝ち抜けるためには3点差以上での勝利が必要という状況だった。

そんな中、「絶対的エース」が大仕事をやってのけた…。

フェデリコ・ベルナルデスキ、マリオ・マンジュキッチ、ミラレム・ピャニッチ等と共に先発出場したクリスティアーノ・ロナウド。

何とこの試合、ヘディング弾2発、ペナルティキック1発の計3ゴールを叩き込み、ハットトリックの活躍でチームを大逆転勝利へと導いたのだ。

試合後、衛星放送局「スカイ・スポーツ」のインタビューに応じたクリスティアーノ・ロナウドは、このようにコメント。

「今夜は特別なものにする必要があったなかで、それを成し遂げることができた。それはゴールという意味ではなく、チームとしてのことだ。これがチャンピオンズリーグに必要なメンタリティーであり、まだ何も勝ち獲ってはいない。これを続けることだ。」

加えて、「おそらく、この日のためにユベントスは僕を獲得したんだと思う。こういう時に助けてくれと。一緒に勝利を手にしたい」とチームに貢献できたことに喜びをかみしめた。

昨シーズンまでレアル・マドリードで、チャンピオンズリーグ3連覇を経験したクリスティアーノ・ロナウド。

今シーズンから、ユベントスへ電撃移籍したポルトガルのスターは、大一番で改めて自身の価値を証明してみせた。

シメオネ率いるアトレティコ・マドリードは堅守でお馴染みのチームだが、ラ・リーガ・サンタンデール時代から相性の良さを発揮していた。

今回の主役もやはりロナウドとなったが、前人未踏のチャンピオンズリーグ4連覇達成はなるだろうか…?

ロナウドの活躍を見るたび、自然科学者チャールズ・ダーウィンの名言「生き残るのは強い者でも速い者でもなく、変化できる者だ」が頭をよぎる。

投稿者:

yama

ヨーロッパサッカー大好きのYAMAです!とくに、4年に1度に開催されるナショナルチームのヨーロッパ選手権が大好きで、ワールドカップ以上に好きです。前回フランス大会のチャンピオンのポルトガルは、グループステージで1勝も挙げないままあれよあれよと勝ち上がり、そのまま王者までの仕上がった特異な大会でしたね!次回のヨーロッパ選手権2020は、果たしてどのチームが栄冠を手にするか?今から開幕が楽しみで仕方がない!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です