ポール・ポグバ

ユナイテッドが劇的ドローも連勝記録は「8」でストップ

スールシャール体制初の「取りこぼし」

ポール・ポグバ現地時間29日、イングランド・プレミアリーグ第24節が行われ、マンチェスター・ユナイテッドが本拠地オールドトラフォードにバーンリーを迎えた。

ジョゼ・モウリーニョを解任し、新監督にオーレ・グンナー・スールシャールを招聘したマンチェスター・ユナイテッドは、監督交代後公式戦8連勝と勢いに乗る。

この日も、守護神ダビド・デ・ヘアをはじめ、10番 マーカス・ラッシュフォード、エースのロメル・ルカク、アンドレアス・ペレイラ、ポール・ポグバ等豪華メンバーが先発のピッチに登場。

しかしながら、バーンリーのアシュレー・バーンズ、クリス・ウッズに得点を許し、2点ビハインドの苦しい展開を強いられる。

堪らず指揮官のオーレ・グンナー・スールシャールは、ジェシー・リンガード、アレクシス・サンチェスと攻撃の切り札を投入。

その後終盤にポール・ポグバが一点を返すと、後半アディショナルタイムにヴィクトル・リンデロフがコーナーキックからのこぼれ球を押し込んで辛くも同点に追いついた。

しかしながら、この後決勝ゴールを決めるまでは至らず、オーレ・グンナー・スールシャール体制後はじめて白星を取りこぼした。

とはいえ、未だ無敗記録は継続中。むしろ、土壇場で追いつく試合展開にチームの勢いはさらに登り調子になるのではないだろうか。

そんな無敗の「スールシャール・ユナイテッド」はプレミアリーグでレスター・シティ、フルハムと対戦した後、

いよいよ大一番、UEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント一回戦ファーストレグのパリ・サンジェルマン戦へと挑む…。

抽選当初は、圧倒的にパリ・サンジェルマンが優勢という見方が強かったが、スールシャール体制となったマンチェスター・ユナイテッドのオッズは日に日に上がりつつある。

また、パリ・サンジェルマンは中盤の要であるマルコ・ヴェッラッティとエースのネイマールが負傷欠場濃厚という状況…。

大一番でマンチェスター・ユナイテッドのアップセットはなるだろうか?

投稿者:

yama

ヨーロッパサッカー大好きのYAMAです!とくに、4年に1度に開催されるナショナルチームのヨーロッパ選手権が大好きで、ワールドカップ以上に好きです。前回フランス大会のチャンピオンのポルトガルは、グループステージで1勝も挙げないままあれよあれよと勝ち上がり、そのまま王者までの仕上がった特異な大会でしたね!次回のヨーロッパ選手権2020は、果たしてどのチームが栄冠を手にするか?今から開幕が楽しみで仕方がない!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です