デ・リフト

若手版バロンドールを受賞したのは…?圧倒的な票数で受賞

オランダ代表の19歳サイドバックが受賞

デ・リフト現地時間17日、イタリアメディア『トゥットスポルト』が、とうとう同メディア主催の2018年ゴールデンボーイ賞の最終結果を発表した。

ヨーロッパで最も活躍した21歳以下の選手に贈られるトゥットスポルトのゴールデンボーイ賞。

今や、若手版バロンドールとしても浸透している権威のある賞だ。

2003年のラファエル・ファン・デル・ファールトの受賞を皮切りに、これまでリオネル・メッシ、ウェイン・ルーニー、

セスク・ファブレガス、セルヒオ・アグエロ、アレッシャンドレ・パト、マリオ・バロテッリ、ポール・ポグバといったそうそうたるスターが受賞してきた。

ちなみに、前回の2017年ゴールデンボーイ賞受賞者は、フランス代表10番でパリ・サンジェルマン所属のキリアン・ムバッペだった。

ロシアワールドカップでベストヤングプレイヤー賞にも輝いたキリアン・ムバッペは、今回も受賞濃厚とされていたが、前年度受賞者ということで、今回は最終候補に入っていなかった。

さて、そんな2018年ゴールデンボーイ賞だが、アヤックスで活躍するオランダ代表DFマタイス・デ・リフトが受賞した。

獲得ポイントは「224」で、2位のリヴァプールDFトレント・アレクサンダー=アーノルドに圧倒的な差をつけて受賞。

また、3位にはFWジャスティン・クライファート(ローマ)、4位はパトリック・クトローネ(ミラン)、5位にはヴィニシウス・ジュニオール(レアル・マドリー)が入った。

候補者60人の時点には、フローニンゲンで活躍する日本代表DF堂安律も選ばれていたが、今回はオランダの次世代を担うサイドバック、マタイス・デ・リフトの受賞で幕を閉じた。

デ・リフトは、19歳にしてUEFAチャンピオンズリーグに出場すると、オランダ代表としてもすでに13試合に出場するヨーロッパ屈指の逸材だ。

今後、このタイトルを引っ提げて過去の受賞者のようなスター街道を駆け上がることとなるのか?今後の成長にも注目だ。

投稿者:

yama

ヨーロッパサッカー大好きのYAMAです!とくに、4年に1度に開催されるナショナルチームのヨーロッパ選手権が大好きで、ワールドカップ以上に好きです。前回フランス大会のチャンピオンのポルトガルは、グループステージで1勝も挙げないままあれよあれよと勝ち上がり、そのまま王者までの仕上がった特異な大会でしたね!次回のヨーロッパ選手権2020は、果たしてどのチームが栄冠を手にするか?今から開幕が楽しみで仕方がない!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です