ロベルト・レヴァンドフスキ

レヴァンドフスキのドルトムント時代のゴラッソに再脚光

レヴァンドフスキのCL初ゴールに再脚光

ロベルト・レヴァンドフスキポーランド代表のエースストライカーであるロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン・ミュンヘン)。

ロシアワールドカップでは失意のグループステージ敗退に終わったが、代表引退を表明することなく、次の目標であるEURO2020に向けて同代表で再始動している。

そんな世界的ストライカーのレヴァンドフスキは、これまでUEFAチャンピオンズリーグで数々のスーパーゴールを決めてきたが、今回チャンピオンズリーグの公式Instagramが、才能を開花させたボルシア・ドルトムント時代のチャンピオンズリーグ初ゴールに再びスポットを当てている。

ゆくゆくはポーランド代表のエースとなるこの男がチャンピオンズリーグで初ゴールを記録したのは、2011-12シーズンのグループステージ第3節のオリンピアコス戦。

当時ドイツ代表だったマリオ・ゲッツェからのクロスを、ワントラップから間髪入れずに右足を振り抜き、豪快にゴールネットを揺らした。

結果的に試合には敗れたが、チャンピオンズリーグ初ゴールは目を見張るようなゴラッソだった。チャンピオンズリーグ公式Instagramは、当時のゴール動画を掲載。コメント欄に、「ブンデスリーガ最高のゴールマシン」「ドルトムント史上最高のストライカー」といった称賛の声でいっぱいになった。

尚、ボルシア・ドルトムントはこのシーズンのチャンピオンズリーグはグループステージ敗退となったが、トップ下で躍動していた香川真司、マリオ・ゲッツェ、ヌリ・シャヒン等と共にブンデスリーガを制覇。

さらには、翌年のチャンピオンズリーグではセミファイナルでレアル・マドリード相手に4ゴールをマークする等チームを決勝戦まで導いている。

指揮官ユルゲン・クロップとともに、ボルシア・ドルトムントの全盛期を築いたロベルト・レヴァンドフスキ。今はライバルチームのバイエルン・ミュンヘンに在籍しているが、当時のスーパープレーの数々は何年たっても色あせることが無い。

投稿者:

yama

ヨーロッパサッカー大好きのYAMAです!とくに、4年に1度に開催されるナショナルチームのヨーロッパ選手権が大好きで、ワールドカップ以上に好きです。前回フランス大会のチャンピオンのポルトガルは、グループステージで1勝も挙げないままあれよあれよと勝ち上がり、そのまま王者までの仕上がった特異な大会でしたね!次回のヨーロッパ選手権2020は、果たしてどのチームが栄冠を手にするか?今から開幕が楽しみで仕方がない!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です